民主主義とPopulism:ニュース速報 政治 経済etc:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

民主主義とPopulism

スポンサーリンク




渡辺恒~1.JPG

民主主義とは何なのか?

ただのポピュリズムになっていては
問題があるように最近また考えが
自分はグルグル回っているよです

最近改めて色んな本を読み直し
自分なりに模索している状態が続いている

まずポピュリズムとは

一般大衆の願望を代弁し大衆の支持のもとに 既存のエリートである体制側や知識人などと 対決しようとする政治思想または政治姿勢のこと
そして議論を何度も重ねても
答えが出ないから
手っ取り早く多数決原理により答えを出すのである

別に過半数の意見が正しいとは
僕自身考えてはいない

このポピュリズムが民主主義を
駄目にした歴史を思い出して考えてみれば
過去に最悪の例がある

ワイマール憲法
この憲法により民意によりヒトラー政権が誕生した過去があります

何でもかんでも国民が答えを出せば
最悪の状態には歯止めが利かなくなる

国民が全てを判断するのは
民主主義の破壊の可能性もありうる

僕自身少し民主主義を
理屈で考え綺麗ごととし
一番嫌いな理想化していたのかもしれない

自分の考えでは
民主主義は共産主義 社会主義のような
綺麗ごとの理想論ではないはずだ

結局何が言いたいかと言えば
憲法の話になります

9条はそもそも理解できないので
置いておきましょう(改正の考えは変わらないので)

問題は最近TV 新聞 NETどこでも目にする96条です
現在憲法改正には96条の規定しか日本には存在しない

それを改正してもよいのか???

昨日フトこの考えをしてから
護憲派の方の意見だけをピンポイントに
調べて読んでみたが
平和憲法を守るとか
いかんせん根本が違うから困ってしまった・・・

はじめて批判するがヒドイ意見がよく目に入る・・・
まだ時間はあるし
最後まで調べ政党 思想に偏見をもたず
また書かしていただきます




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

かわせ

憲法96条に対して反対する勢力の意味が理解しにくいのは同感です。

一番大事な「国民投票1/2」を「2/3」に変えて、衆参両議院の「2/3」を「1/2」にするなどの反論ならわかるんですけどね。

過半数が正義とはわたしも思いませんが、反論する方の言い分は「国民はバカだから一部の政治家にミスリードされている」としか聞こえません。

今の96条は政治家の決定を優先していると思います。

改憲するのなら議員を「1/2」、国民投票を「2/3」なら納得させることができるんじゃないでしょうか?

過半数はやはり数の暴力を生む可能性は高いと思います。
by かわせ (2013-05-05 14:49) 

shirasagicity45

かわせさん
毎度ありがとうございます!

たしかに自分も国民を小馬鹿にして
2/3をとのように感じています

なるほど1/2 2/3を議員投票 国民投票を
逆転さす考えですね
これは僕には無かった考えです

国民の2/3の意見なら
過半数よりも危険性はありませんし
圧倒的な民意とも考えられます

一番の問題はやはり護憲派の
思想が根本から理解しにくいことですね・・・

どこまでも戦時 戦前の考えを現在まで
引きずるのか・・・


by shirasagicity45 (2013-05-05 23:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。